自然に優しいお財布に優しいエコライフ

リサイクルも、エコロジーも、ここ数年でだいぶなじみ深い言葉となり、少しでも、と思う人も増えてきているようです。

SITE NAVI
自然に優しいお財布に優しいエコライフ

リサイクルをするというエコのかたち

数年前からリサイクルやエコロジーといった言葉はテレビやラジオでも、色々なお店のポスターでも、よく目にするようになりました。その言葉の意味は誰もが知る通り、物を繰り返し使う事や、自然に優しい、といった意味合いですが、環境に優しいだけではなく、自分にもやさしい商品やシステムの登場で、自然に身についている人は多いと思います。例えばわかりやすいものとしてリサイクルショップがあげられますが、一人暮らしをしていた人同士が結婚し、一緒に暮らすことになった際、家具や家電は新しくそろえる必要はありませんが、どちらか片方が使っていたものは、壊れてもいないのに必要ないものとなってしまいます。その必要無くなった物は、昔であればやむなく捨てていた物ですが、リサイクルショップに持っていけば、買い取ってもらえますし、それを必要とした誰かがまた繰り返し使用してくれるのです。以前だったらゴミとなって自然を汚す原因となっていた物が、また大切に使われるという事は、環境にとっても、必要無くなった人にとっても必要とする人にとっても嬉しい、新しいシステムなのです。

リサイクルショップでは先程のような、不要なものを誰かが使う、リユースを、企業を通して行っている訳ですが、環境を考えたリサイクルも、年を追うごとに進化して、身近になって来ています。再生紙などは当たり前のように使っていますよね。最近ではペットボトルから出来た洋服なども良く販売されるようになりましたし、使用済みの空き缶や空き瓶から作られたインテリアオブジェなども良く見かけます。その他にもリサイクルで作られた商品というものは、意外と身近にある物です。探し出して、それを使ってみるというだけでも、一つのエコに繋がっているのです。

Copyright (C)2018自然に優しいお財布に優しいエコライフ.All rights reserved.