自然に優しいお財布に優しいエコライフ

エコのために個人で出来ることは限られているが、出来る範囲でリサイクルや光熱費の節約などをするよう心掛けている。

SITE NAVI
自然に優しいお財布に優しいエコライフ

エコのためのリサイクルについて

エコという言葉をどこでも耳にするようになりました。エコと言っても自然環境を守るために個人で出来ることは限られていると思います。エコという言葉だけが先行していて、何が本当にエコなのか分からなくなるときもあります。例えば、エコバッグが流行していて、様々な種類のものがどこにでも販売してあります。しかし、エコバッグを生産するために大量のエネルギーや原料を必要とするので、逆にエコにはならないと聞いたことがあります。エコバッグはレジ袋の使用を減らすためのものなのに、バッグを汚さないようにと小さなビニール袋を何枚も使用して買い物の袋詰めをする人を見かけることもあります。きっとエコについて学習する機会が少ないので、何が本当にエコで、実際何をしたらいいのか分からない人が多いのだと思います。

私も学習する機会はなかったのですが、出来る範囲で情報を得て、エコを心掛けるようにしています。普段の生活ではリサイクルと光熱費の節約を心掛けています。買い物をするときになるべくゴミの出ない商品を選ぶのはもちろんですが、パッケージの箱などの紙製品はまとめてリサイクルに出しています。小さな紙切れでも燃えるゴミにはしません。ペットボトルやアルミ缶、スチール缶、発泡トレーなどはもちろんリサイクルに出すようにしています。他には、季節の変わり目に衣替えをして洋服をリサイクルショップに持って行ったり、読まなくなった本を古本屋さんに持って行ったりもします。エコにもなるし、節約や部屋の片づけにも役立っています。

光熱費に関しては、もったいないということをしないように心掛けています。電気や水道はなるべく使用料を減らすように努力しています。料理をするときはガスと電気のどちらを使用したら節約になるかを調べたり、圧力鍋で保温調理をしたりしています。特別なことはしていませんが、昔から当たり前にやっていて習慣になっているので苦にはなりません。これからも出来る範囲で無理せずにエコを心掛けていこうと思います。

Copyright (C)2018自然に優しいお財布に優しいエコライフ.All rights reserved.