自然に優しいお財布に優しいエコライフ

エコとかリサイクルと言うものがどれだけ重要かを考えるには、今から百年後の社会を想像するのがいいでしょう。

SITE NAVI
自然に優しいお財布に優しいエコライフ

エコ社会の実現にリサイクルは欠かせない

人間が使うものを百パーセントリサイクルに回すことが出来れば、それが究極のエコ社会と言えるでしょうが、昔はそうして皆生きていたものです。昔と言っても江戸時代とかそういった話になりますが、そのころは人間が使う素材と言うのはすべて自然由来のもので、仮にごみとして捨てられたとしてもすぐに土に返るものばかりでした。家やお城の建材はもちろん、畑を耕す道具だって当然そうだし、あらゆるものが自然の循環の輪の中に置かれていたものです。ところが現代の生活を見てみるととても完璧なリサイクルを行っているとは言えない状況なのは誰だって感じるでしょう。まさか山からプラスチックを取ってきたなどと考える人はいないのだから、それだけでも昔のような生活とはかけ離れていることがわかります。

つまり現代では完全な循環型社会を形成することは不可能だと言うことです。しかし仮に不完全でもこれ以上土に返らないものを持ち込まないことで循環型の社会を作ることは可能です。そのための切り札となるのがリサイクルで、これによって社会を維持することがこれからの人間の生活に求められることです。リサイクル自体はそれほど難しいことではないし、また多くの人間がそうした社会の必要性を認識すれば決して実現不可能なことではないはずです。現状では経済的な効率と言うものが優先されがちですが、百年後の社会を見据えるような目を持てば、リサイクル社会の建設が人類の生存にかかわる重大事であることがわかるのではないでしょうか。

Copyright (C)2018自然に優しいお財布に優しいエコライフ.All rights reserved.